「MIRIA」私の「旅日記」

~♡introduce♡~


私は旅が大好きです!


中でも私は「日本」が大好きで、我が国「日本」を愛しています♡

これまで私は、日本の各地を旅してきました。


日常から離れ、見知らぬ土地や、自然の中で過ごしていると

心、身体、エネルギー、価値観、etc…

様々なものが変化して行き、そこから新たなものが生まれて来ます。


その感覚が好きです。


また、旅をすることの楽しみの一つに、其々の土地で出会う「新たな人」との出会い

「一期一会」の出会いも旅の楽しみの一つであります。


こちらのページでは、そんな私の「旅日記」をアルバムでご紹介しています。


2014年「青森」ねぶた祭りと水の旅


鹿児島~屋久島の10日間ほどの旅を終え、その後

ひょんなことから間もなく、青森県を訪れる事になりました。


生まれて初めて足を踏み入れることになった青森の地。


「奥入瀬渓流」から始まり、「十和田湖クルージング」、「十和田神社」参拝

青森「ねぶた祭り」に盛岡「ねぷた祭り」鑑賞 etc...


「水」・「神社」・「お祭り」がキーワード☆


こちらのアルバムではそんな「青森」の旅日記をご紹介しています。


2016年5月 生まれて初めての「秋田県」


2016年5月。


ひょんな事から私は

「秋田県」へ行くことになりました。


切っ掛けは、「MIRIA」blogでも、お馴染み

秋田県で自然栽培の農業をされている「みちのく秋田の翁さん」が送って下さった


無農薬・無化学肥料で作られた「食材」と

山で採って来た摘みたての「野草」のお礼の電話を掛けた事からでした。


今まで、訪れたことがあった東北地方は、青森県と山形県。


秋田県へ足を踏み入れるのは今回が初めてです!


生まれて初めての「秋田県」では


翁さんが管理される無農薬畑で

「大豆の移植体験」や自然栽培の田んぼでの「田植え体験」


農業体験の後は、自家製の野菜をたっぷり使った夕ご飯を頂き

その後は、毎日、自然豊かな「源泉かけ流し」の温泉に行って過ごしました。


今回の「秋田旅」の後半は、以前より訪れてみたかった

「ガン治療」などで有名な湯治場「玉川温泉」へ。


翁さんに現地まで車で送って頂き、途中、「田沢湖」や、「御座石神社」「宝仙湖」等を巡りながら

3時間程かけて「玉川温泉」へと向かいました。


パワー溢れる高い波動の場所で滞在をしている中で


ひときわ強まって来る「直感メッセージ」。


そのメッセージに従って動いて行ってみたら・・・


こちらのアルバムではそんな秋田県での滞在の様子を

写真でご紹介しています。

2016年10月1日 まるで龍宮城の世界!

生まれて初めての海中「八重干瀬」へ...


宮古島に来てから、早くも、2週間半が経過した10月1日。


この日は新月。


朝、どういう訳か私は、早くに目が覚めてしまい

「ある事」を、ふと、思いつきました。


「そうだ!Sさんにお伝え頂いていた八重干瀬へ行ってみよう!」


思い立ったが吉日。善は急げです!


朝一番で「八重干瀬ツアー」を企画している会社に予約のTEL。


2時間後の9時には集合。


こういう時の行動力の早さには自分でも驚いてしまいます!


美しいサンゴ礁が広がる広大な八重干瀬。


「池間島」という島から更に船で20分ほどの北にあります。


「八重干瀬」へは、一年に一度「大潮」の時に

船で渡って、上陸する事が出来


「幻の大陸」などとも言われることもあります。


今回、海の中の八重干瀬のサンゴ礁を見るのは初めてです・・・!


生まれて初めて見る海の中の「八重干瀬」の世界。


生まれて初めての「ダイビング」

そこで起きた、想定外のハプニング・・・!


エメラルドグリーンの海の中に広がっていた驚きの世界とは・・・?!

2017年7月

カルマ解消「東北巡礼の旅」


その旅は意外な所から始まりました。


現在、新たな資格習得の為、毎月訪れている京都にて

10年越しに初めてお逢いする機会を頂いたある「霊的な方」から


「あるメッセージ」を頂きました。


以来、私は「東北地方」

中でも特に「青森」を日常の中で少しだけ意識するようになりました。


それから間もなくが過ぎたある日のことです。


「北海道に一緒に行ってもらえませんか?」


ある方よりそんなお誘いを急に頂き私はこのような事を閃いたのです。


「そうだ!それなら、その流れで、京都で御伝言を頂いていた東北地方も訪れてみよう!」


それから間もなくした頃です。


今回の「東北巡礼の旅」に同行して下さるお仲間さんが見つかり

間もなく、私は旅に出ました。


時はちょうど、「マヤ暦」の13の暦でいう

「新年」を迎える前の2017年7月25日。


その事を知ったのは、この「旅」の数日前。


マヤ暦を世の中に伝えられているある先生の集まりに参加した事によって

この旅の「出発日」がマヤ暦でいう新しい年の始まり


つまり「大晦日」であることを知ったのです。


その直前には、研修で京都へ行く流れで神戸の「瀬織津姫」の神社と

淡路島へと訪れていました。


私が、これまで東北地方で訪れた事がある県は

山形、新潟、青森、秋田県の四か所。


それ以外の県は「未踏の地」であり、今回の旅で初めて

踏み入れる地もありました。


まず、岩手県の北上市から入り、翌日、マヤ暦新年は

「瀬織津姫」所縁の地である「早池峰神社」から参拝。


この日は、朝からずっと日輪が出ていて、その

見事な日輪は早池峰神社での参拝を終えるまで

ずっと出続けていたのが記憶に残っています。


その後、日本一の深さの足元湧出温泉で有名な「鉛温泉」を訪れ

翌日、途中で見つけて立ち寄ることになった


古代縄文の聖地「大湯環状列石」(ストーンサークル)


「十和田湖」「十和田神社」そして、強い酸性と

乳白色の湯「仙人風呂」で有名な「酸ヶ湯温泉」に滞在。


翌日は、以前より何かと「因縁」めいた出来事が起こる

傾向があった青森県は新郷村の「キリストの墓」へ・・・。


「青森へ行くと、MIRIAさんの魂が今回、日本に生まれて来た

魂の根源的な目的が分かりますよ」


そんなメッセージを伝えられ

(そうなのかぁ・・・)

と思っていた、一か月後の出来事でした。


そんな今回の「東北巡礼の旅」で得た

貴重な「気づき」と「解消」とは・・・?

2014年「鹿児島」霧島の旅


2014年 夏。


この年は、縁あって10日間ほどかけて

鹿児島~屋久島の旅をしました。


レンタカーを借り、霧島~鹿児島を巡る旅。

今回の旅の相方は・・・なんと、父!


長年に渡り、心のどこかに「抵抗感」や「拒絶感」が出て

止まなかった、父と二人で長旅をする事になるなんて・・・。


父と一緒に訪れた霧島では綺麗な滝を見たり、泥パックの温泉に入ったり

各神社を訪れたり


夜には、丁度タイミングよく開催されていた芸術祭で

「夜神楽」を鑑賞する事も出来ました。


その後、訪れた「鹿児島」では「島津家の屋敷跡」や、「龍宮乙姫」ともいわれる

「豊玉姫様」所縁の神社や遺跡を訪れるなど、半島をぐるりと一周。


その後、プロペラ機にて屋久島へと渡ったのでした・・・。

2016年8月 秩父多摩甲斐国立公園「西沢渓谷」


世間はお盆休み。


「MIRIAさん、良かったら山梨県の自然の中へ行きませんか?」


ひょんなことからそんなお誘いがやって来て

山梨県の「西沢渓谷」へ行く事になりました。


この少し前。


関東の絶景百選だったでしょうか?

何かの本でこの「西沢渓谷」の事を見かけていて


(綺麗な所だなぁ・・・)

(いつか、行って見たいなぁ・・・)


と思っていた矢先だったのです。


石のお仕事にあわせ、今年から、私のもう一つの新たなライフワークとなった

「アロマエステ」のお仕事が連日続き


都会の雑踏の中での生活が続いていましたので

自然の中を訪れるのは久しぶりです!


全長10km。

往復4時間の「森林セラピー」を兼ねたハイキング。


静寂な森の中を、歩きました。


その途中、思わずハッと息を呑んでしまうような、深いエメラルドグリーンの滝壺が目に飛び込んできました。


「西沢渓谷」では、数々の素晴らしい景色達に出会いました。

2016年10月「玉の行方」と「水繋ぎ」福岡~京都~八ヶ岳の旅


2016年10月13日。


9月13日より1か月間滞在をした「宮古島」での生活を終え

次なるメッセージでやって来た「福岡県」へと移動。


福岡では「ワダツミの神」「神功皇后」「玉依姫」「龍宮」がキーワード。


ご縁のある各地の皆様より「事前メッセージ」でお伝え頂いていた

上記に関係する神社を巡りました。


各所では、いつの間にかご縁が結ばれていた全国各地に点在するの

神官・巫女役・シャーマン・霊能者・神人さん等の


「祈りのネットワーク」の皆様に連絡をし、遠方より意識を一つに合わせ

その場で祈る事を行いました。


四日間の福岡滞在の後は、京都へ移動。


こちらでも直前に「ある場所」に関する情報が入ってきて

その場所まで一緒に同行をして下さる女性が現れ一緒に参拝をすることが出来ました。


諸々のセッティングが取り図られ、自分では到底訪れる事が

困難であろうと思われる各地を車に乗せて頂き巡って来ることが出来たのです。


その後、関東に戻り、八ヶ岳へ移動。


八ヶ岳では、「ある方」にお会いして、宮古島で託された、其々の「祈りの方」が

世界の各聖地を訪れ繋いで来られた「お水」を「渡す」という事を行う事になりました。

2016年「屋久島」写真集


2014年から毎年、訪れている屋久島。


今回は観光シーズン前だったこともあり、どこを訪れても

人が少なく、静かな中でじっくりと今までとは異なる屋久島を楽しむことが出来ました。


今年の初頭に目標を立てた「今年やりたい事」の一つ

「森の中にテントを張って一泊をする」そんな体験も今回の屋久島で、実現。


今回の屋久島の旅では、素晴らしい島のガイドさんの案内で

屋久島の森を二日間かけて案内をして頂きました。


そのお陰で、今まで知らなかった屋久島の魅力を再発見し

新たな屋久島を知り、楽しむ事が出来ました。


屋久島は、森以外にも、海や温泉も魅力の一つです。


潮の干満で一定時間のみ温泉が現れる「平内海中温泉」や

地元の方も沢山訪れている「湯泊」に混浴露天風呂「湯泊温泉」など


いずれも「貸し切り状態」でダイナミックな海を目の前に

最高のひと時を過ごす事が出来た事も今回の旅の良い思い出です。

2016年9月 ムー・龍宮「宮古島」再び...


2016年の7月末のある頃からです。


「宮古島」に関する「シンクロメッセージ」(サイン現象)が

続くようになり、私は「宮古島」へ行く事を決めました。


以前も、暮らしていた事があった宮古島。


2011年の震災以降、「ほんの一週間ほど」のつもりが、そのまま

2年半暮らす事になった宮古島でした。


移住後、2年半が経過した2013年の6月のこと。


「不可抗力とも言えるやむを得ない事情」で


急遽、島を出る事になってから、改めてこの島に滞在するのは

実に、3年ぶりです。


私がいつもどこかへ動くときは「ふと、なんとなく」の「直感的な感覚」

に基づいて動いています。


その為、何の根拠も、具体的な目的もないまま

「先ずは1カ月」心に浮かび上がるままに


宮古島行きを決め、来島を決めました。


不思議な事に、今回の「宮古島行き」を決意すると間もなく

シンクロ現象が色々と起こり始めました。


今回の「宮古島行き」に必要な人、モノ、情報が続々と

集まってくるようになり一連の「事」がスムーズに進行するよう


諸々の「セッティング」がどこからともなく取り図られる事が訪れました。


そして、9月13日。旅立ちの日。


この時、上陸が予測されていた巨大台風の直撃もなぜか回避され

今年は、大量に発生していた台風は、一度もこの島には影響が出ず

全て逸れて行った、という采配が起こりました。


3年前。


この島を出る時に一つのキーワードとなっていた

「不二阿祖山神宮」から今回の旅はスタート!


今回の宮古島滞在で訪れた

出来事とは・・・?

2017年4月「南伊豆」「波勝崎」滞在日記


2017年4月。


“ある事”がきっかけでアルケミー・クリスタルボウル奏者である

「牧野持侑」先生の「南伊豆」は「波勝崎」にある「くりすたり庵」の

修繕・修復作業のお手伝いに行く事になりました。


私はお料理担当。


朝早くから夜遅くまで、汗水垂らして庵の修繕作業をされている

お仲間の皆さまのお食事を作らせて頂く事になりました。


一週間の南伊豆滞在。


その後は、伊豆最古の神社「伊古奈比め神社」「白浜神社」に参拝してきました。


こちらはその時の写真をまとめたアルバムです。